tumaniotaima1.jpg

妻の臭いが臭い!このうように感じるときに、どのような臭いがするでしょうか。

もし下水のような口臭がしている場合は、ある程度、どのようなことが原因なのか分かります。

この臭いは、臭い玉といってもまたは膿栓と呼ばれるもので、ひどい悪臭がします。

扁桃腺あたりにできて、白い玉のような形をしていて、みようと思えば、口を大きく開けて鏡で確認することもできます。

この臭いはそのままでも悪臭がしますけど、つぶすことで、さらに臭いは強烈になります。

ここはケースバイケースですが、自分でも自覚できるくらいの臭いのはずです。

中には気がつかない人もいますが、わりと若い年代の人に多いのではないでしょうか。

年代でいうと小学生から30代ぐらいまでと、とても幅が広いです。

子供がなりやすい傾向にありますが、ここもハッキリとしていなく、本当にバラバラで、誰でもこの玉ができる可能性を持っています。

もし奥さんの口臭が下水のように感じているのであれば、この可能性が高いといえます。

どのようなことが原因になるのかお伝えします。

関連サイト 女性30代の口臭と体臭対策


妻の口が臭い!ドブのような口臭になる原因は細菌?

tumaniotaima.jpg

ドブのような口臭になる臭い玉の原因は、扁桃に多くの細菌が通っていることが原因になります。

臭い玉というのは、細菌の残骸のことで、扁桃にある免疫が外部からの細菌と戦ったときに死んだものが、扁桃に溜まることで白い玉のようになります。
その残骸が悪臭をしますが、扁桃によそからの細菌が多くそこに通っていることになります。

中にはそれとは関係なく、免疫の異常によって反応してできやすい人もいます。

花粉症と同じような感じです。

花粉症も免疫が花粉に対して、必要以上に反応してしまうので、アレルギーを起こします。

その扁桃腺版のようなイメージです。

すぐに耳鼻科でとってもらうことができますが、すぐにまたできやすい人もいます。

この場合は、何回も取りに行かなければいけなくなりますけど、そのような原因になりやすいのは、口呼吸をしているケースです。

口で呼吸をするために多くの外気に潜んでいるカビやウイルスを吸い込むことで、鼻というフィルターを通さないで、ダイレクトに入り込むことになるので、できやすくなります。

鼻はフィルターの役割をしているので、その鼻呼吸をしないとできやすくなります。

子供の場合は、体の免疫がまだしっかりとしていないために鼻呼吸であっても、扁桃にいる免疫に頼ることが多いために、できやすくなります。

どちらにして下水のような臭いにさせます。

もし心当たりがあるのであれば耳鼻科にいくことで解決させることができます。