gimon.jpg

妻の口臭が気にある、このような旦那さんが増えてきましたが、今までは逆のケースがほとんどだったのですが、今は女性でも口の臭いが強い人が増えてきました。

この臭いを感じたときに、奥さんが自覚があればよいでのすが、ないと対処することが、ときには難しくなってきます。

逆のケースでも同じですけど、臭いについてはストレートに伝えることが難しいといえます。

もしすでに自覚をしているようであれば簡単な確認方法で臭い原因を特定することができますが、そうでない場合は、予測の範囲になってきます。

予測なので、ハッキリとしたものになりづらいところがありますが、奥さんが自覚をしていなく、その状態からどのような方法で臭い原因を特定するのかお伝えします。


妻の口臭が気になる!その原因を特定する方法とは

gimon1.jpg

妻の口臭が気になる!そして、それを本人が気が付いていない、このような環境にある場合の臭い原因の特定としては、臭いを確認します。
どのような臭いになってるのか、自分のイメージで良いので、その臭いを確認して下さい。

臭いでもある程度の原因は予測できるものです。

いつくか例を出しておきますので、近いものに当てはめてみて下さい。

玉ねぎ、生ゴミ、下水、キャベツ、血生臭い、鉄、便、アンモニア系、牛乳などの臭いは、口腔内にほぼ原因があります。

アンモニア系、酸っぱい、甘酸っぱい、便などの臭いは胃腸ないからとうことがほとんどです。

問題になるのはアンモニア系と便のような臭いです。

この場合は両々のどちらかに原因があることになります。

ここの見極めは朝がどのようになっているのかです。

もし朝に特に強く、日中が少し弱くなるようであれば口腔内で、それ以外は胃腸内からということになります。

少し分かりづらいところもありますが、その予測を立てておくことで対策の仕方が変わってくることになります。

ただ、こも予測の範囲でしかありませんが、女性の場合は口腔内からの原因が多いと思われます。

男性の場合や胃腸内が原因になることが多いといえますが、これも予測での範囲でしかありません。

女性が口臭が強くなる要素としては、唾液の分泌量と関係してきます。

元から男性から比べると女性は唾液の量が少ないことが分かっているからです。

そのため細菌が増えやすい環境にああり、また年齢から女性ホルモンが急激に減少して、それが影響して唾液の分泌が一気に弱くなることがあります。

ドライマウスという症状が多いのも女性です。

ここは確認してみないと分からないですが、臭いを確認することも対策するうえでの大事な要素になってきます。